2012年06月23日

【アフリカカレンダー2012】5月ただいま!


あべしょーの写真解説
blog_2012_05.jpg
<ただいま!>

ライオンは赤ちゃんを産む時、
群れから離れて単独になる方が多いと言う。
子供が少し大きくなる頃、自分の群れに戻って来る。

群れの中だと比較的子供は
人が車で近寄っても
無視するように遊んだり寝転んだりするが、
親が人や車を好かない時は、
警戒心を持つように草むらに入ることがしばしばある。

posted by あべしょー at 22:24| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

【アフリカカレンダー2012】4月シマウマ親子


あべしょーの写真解説
blog_2012_04.jpg
<シマウマ親子>

最近2〜3年、いやもっと前から、
ヌーやシマウマの集合・分散の動きに変化が出ている感じがする。
天候の影響もあるかもしれない。

シマウマの群衆は多いと1000頭以上の群れに遭遇することがある。
一見長閑かな草原の景色だが、
群れを車で追いながら通り過ぎないように横目で見ていると、
激しい喧嘩(ファイティング)をする姿や、
仲間同士で寄り添って隙間にうるさい虫が入れないようにする姿、
砂地があれば砂地のシャワーをする光景も目にする。

赤ちゃんが乳のみをするのはよく見るが、
親が子にすり寄るような姿を見せることがある。
あるいは子が甘えて親の頭に身を寄せたがるのだろうか?
人間だって可愛い我が子には思わず頬ズリしたくなるものだ。
動物も同じです。

posted by あべしょー at 10:49| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

【アフリカカレンダー2012】3月野生の猫、サーバルキャット


あべしょーの写真解説
blog_2012_03.jpg
<野生の猫、サーバルキャット>

草が茂ると小物動物は探しにくくなる。

サーバルキャットやカラカルはシャイで、
警戒心も強いと言われている。
経験上、探して発見するというよりも、
走行中に出会う・偶然見つける、
といったケースの方が多い。

草丈の長い草原に、時たま短い草丈のエリアがある。
「サーバルだ!」ドライバーの声で先ずエンジンを止めさせた。
じっと息を抑える感じでサーバルを見ること20分…
相手も警戒心を解いたのだろうか?
草丈の長い所で虫にたかられたのか、
痒い所を気持ち良さそうにかいていた。

posted by あべしょー at 10:01| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

【アフリカカレンダー2012】2月チーター6匹の子供たち


あべしょーの写真解説
blog_2012_02.jpg
<チーター6匹の子供たち>

車を早朝まだ空が薄暗いうちから飛ばしていた。
昨夜、マサイマラで仕事をしている友人から情報があったからだ。
「6頭の赤ちゃんを連れたチーターが居る。この目で見たから確かだ!」とのこと。

友人がチーターを目撃したという、フィグツリーエリアに1時間余かかけて到着。
そこで探すのも容易ではないが、赤ちゃんが小さいから遠くには行かないだろう。

2〜3の起伏の先に車が3台、固まって停まっている。
間違いない!チーターだ!
ロッジを出てから太陽が昇る6時半過ぎに出会えた。

posted by あべしょー at 11:48| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。