2013年07月17日

【アフリカカレンダー2012】2013年1月ジャッカル親子


あべしょーの写真解説
2013_01.jpg
<ジャッカル親子>

ジャッカルもハイエナと同じく、
サバンナではあまり人気はありません。

しかし、親の行動を見ていると、
子供に対するしつけはなかなかのものだと感じます。
親が餌探しから帰るまで、
子供はほとんど巣穴の外へは姿を見せません。
親の戻るのがあまりにも遅い時は、
穴倉の中から時たま鳴き声が聞こえてきます。

ある意味でジャッカルが我慢強い動物なのは、
赤ちゃんの時からそんな環境で育っているからかもしれませんね。

ラベル:ジャッカル
posted by あべしょー at 11:15| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【アフリカカレンダー2012】12月キリンと朝焼け


あべしょーの写真解説
2012_12.jpg
<キリンと朝焼け>

早朝日の出前に空が少しずつ明るくなる頃、
空が真っ赤に染まる瞬間があります。
実にサバンナの夜明けは美しいです。
多種類の小鳥のさえずり、
動物たちの行動の始まりでもあります。

遠くに見える観光バルーンは、
最近商業的に各地に基地ができたものです。
その噴射音はサバンナには雑音としか映りませんが、
利用者は広大なサバンナを空から眺める特権を持ちます。


ラベル:キリン 朝焼け
posted by あべしょー at 09:22| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

【アフリカカレンダー2012】11月トムソンガゼル


あべしょーの写真解説
2012_11.jpg
<トムソンガゼル>

トムソンガゼルの子供は早朝と夕方には、
瞬間的にハイスピードで走ったり、ジャンプしたりします。
それを親は静かに見守っています。

子供は足を鍛えているのです。
これは肉食獣に襲われたときのため、逃げ通す体力を作る、
自己防衛の手段でもあります。

それでも運動が一通り終わると、子供たちは親に寄り添います。
やはり子供は野生動物でも、
甘える時は人間と通じるところがあるのですね。

posted by あべしょー at 12:46| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

【アフリカカレンダー2012】10月ライオンのこども


あべしょーの写真解説
2012_10.jpg
<ライオンのこども>

生まれた時、子供は数頭います。
しかし、厳しい大自然の中、風雨にさらされ病気になるなどして、
1頭しか残らない例もしばしば見受けられます。
そのため、親は子供を絶えず大事に身近に置くようになりがちです。

人間と同じで、一人っ子は可愛いもので、大事にする時間が多いのですね。

posted by あべしょー at 10:58| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【アフリカカレンダー2012】9月ライオンの親子


あべしょーの写真解説
2012_09.jpg
<ライオンの親子>

静かな朝、ライオンの子供の近くに、天敵であるハイエナや車がたくさん居なければ、
子供達の遊びが始まります。
飛んだり跳ねたり、見ていても楽しいのどかな朝です。
しかし太陽も地平線から昇る頃、ひとたび親の一声が聞こえると、
子供達はすぐさま行儀よく草薮に入っていきます。

ラベル:ライオン
posted by あべしょー at 10:51| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

【アフリカカレンダー2012】8月チーターのこども


あべしょーの写真解説
2012_08.jpg
<チーターのこども>

チーターの母親が人に警戒心を持たず子供を育てるとき、
人からあまり近くに寄らなければ、
親の雰囲気を子供が以心伝心(?)で感じて子供の方から車に近寄り、
太陽が真上に来るころには日陰を求め、
車の床下に潜り込むこともあります。
そこでは、安心の表情で居眠りする姿を人々に見せてくれます。

人と動物の関係はそうありたいものですね。

posted by あべしょー at 12:21| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

次週よりカレンダー解説を再開します!

アイ企画担当の千田です。
岩手も夏らしくなってきて、暑い日が続いております晴れ

さて、2012年8月分以降長らく更新をストップしてしまっておりました、
カレンダーの写真解説を次週より再開いたしますひらめき

いつもご覧いただいているみなさまには、大変お待たせしてしまいましたこと、お詫びいたします。
アフリカでの撮影秘話の数々を、どうぞお楽しみに手(チョキ)
posted by あべしょー at 13:48| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月15日

【アフリカカレンダー2012】7月ヌーの川渡り


あべしょーの写真解説
blog_2012_07.jpg
<ヌーの川渡り>

7月から9月にかけてヌーはタンザニアからマラ川を渡りケニアに入ります。
またその逆もこのシーズンにはかなり見る事ができます。
場所によっては高い崖から飛び降りる事もありますが、
比較的平坦な川岸では一挙に群れをなして渡ります。

この圧巻には水中から狙うワニは狩りする事も出来ません。
数万から時には十数万頭の渡りは圧巻です。

ラベル:カレンダー ヌー
posted by あべしょー at 10:06| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

【アフリカカレンダー2012】6月ハンターの休息


あべしょーの写真解説
blog_2012_06.jpg
<ハンターの休息>

ヒョウのテリトリー(縄張り)は10キロとも30キロとも言われるが、
絶えず獲物を求めて移動するので、時たま超接近する事もあります。

チーターのように空腹な時にその都度狩りをするのでなく、
ヒョウは狩りが成功すれば更に続けて何回も狩りをします。
驚いた情景では、
大きなアカシアの木に10数頭の子供のヌーを吊るして保管しているのも撮影した事があります。
人が食べる魚の燻製みたいに。

こちらは満腹で当分狩りをする必要がない時に見せる余裕の顔。

posted by あべしょー at 10:01| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

【アフリカカレンダー2012】5月ただいま!


あべしょーの写真解説
blog_2012_05.jpg
<ただいま!>

ライオンは赤ちゃんを産む時、
群れから離れて単独になる方が多いと言う。
子供が少し大きくなる頃、自分の群れに戻って来る。

群れの中だと比較的子供は
人が車で近寄っても
無視するように遊んだり寝転んだりするが、
親が人や車を好かない時は、
警戒心を持つように草むらに入ることがしばしばある。

posted by あべしょー at 22:24| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

【アフリカカレンダー2012】4月シマウマ親子


あべしょーの写真解説
blog_2012_04.jpg
<シマウマ親子>

最近2〜3年、いやもっと前から、
ヌーやシマウマの集合・分散の動きに変化が出ている感じがする。
天候の影響もあるかもしれない。

シマウマの群衆は多いと1000頭以上の群れに遭遇することがある。
一見長閑かな草原の景色だが、
群れを車で追いながら通り過ぎないように横目で見ていると、
激しい喧嘩(ファイティング)をする姿や、
仲間同士で寄り添って隙間にうるさい虫が入れないようにする姿、
砂地があれば砂地のシャワーをする光景も目にする。

赤ちゃんが乳のみをするのはよく見るが、
親が子にすり寄るような姿を見せることがある。
あるいは子が甘えて親の頭に身を寄せたがるのだろうか?
人間だって可愛い我が子には思わず頬ズリしたくなるものだ。
動物も同じです。

posted by あべしょー at 10:49| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

【アフリカカレンダー2012】3月野生の猫、サーバルキャット


あべしょーの写真解説
blog_2012_03.jpg
<野生の猫、サーバルキャット>

草が茂ると小物動物は探しにくくなる。

サーバルキャットやカラカルはシャイで、
警戒心も強いと言われている。
経験上、探して発見するというよりも、
走行中に出会う・偶然見つける、
といったケースの方が多い。

草丈の長い草原に、時たま短い草丈のエリアがある。
「サーバルだ!」ドライバーの声で先ずエンジンを止めさせた。
じっと息を抑える感じでサーバルを見ること20分…
相手も警戒心を解いたのだろうか?
草丈の長い所で虫にたかられたのか、
痒い所を気持ち良さそうにかいていた。

posted by あべしょー at 10:01| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

【アフリカカレンダー2012】2月チーター6匹の子供たち


あべしょーの写真解説
blog_2012_02.jpg
<チーター6匹の子供たち>

車を早朝まだ空が薄暗いうちから飛ばしていた。
昨夜、マサイマラで仕事をしている友人から情報があったからだ。
「6頭の赤ちゃんを連れたチーターが居る。この目で見たから確かだ!」とのこと。

友人がチーターを目撃したという、フィグツリーエリアに1時間余かかけて到着。
そこで探すのも容易ではないが、赤ちゃんが小さいから遠くには行かないだろう。

2〜3の起伏の先に車が3台、固まって停まっている。
間違いない!チーターだ!
ロッジを出てから太陽が昇る6時半過ぎに出会えた。

posted by あべしょー at 11:48| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

【アフリカカレンダー2012】1月ライオン子供 尻尾をアム!


こんにちは、アイ企画スタッフの千田です。
今回から、2012年アフリカカレンダーの写真の撮影裏話を少しずつ公開していきます!


あべしょーの写真解説
ライオン子供 尻尾をアム!.jpg
<ライオン子供 尻尾をアム!>

湿地帯の茂みの中で草が一部分だけ揺れ動く、時には川の流れみたいに。

…そして縦にも横にも揺れ動いている?
ライオンの頭が時たま見えるが、草の動きは別なところで動いている。

…そうだ!親の周りに赤ちゃんが数頭居るのだ。
一週間もすると、三頭の赤ちゃんを連れて茂みから出て来た。
なんと可愛いのだろう、と感じた。

それから数日経って探しに行ったら赤ちゃんは一頭になって居た。
あとの二頭は…、
親が狩りに出た時、ハイエナにでも襲われてしまったようだ。

兄弟で茂みにいた時はお互いじゃれて過ごしていたが、
今は遊ぶ相手は親の尻尾だけとなってしまった…。

posted by あべしょー at 12:21| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。