2013年07月10日

【アフリカカレンダー2012】10月ライオンのこども


あべしょーの写真解説
2012_10.jpg
<ライオンのこども>

生まれた時、子供は数頭います。
しかし、厳しい大自然の中、風雨にさらされ病気になるなどして、
1頭しか残らない例もしばしば見受けられます。
そのため、親は子供を絶えず大事に身近に置くようになりがちです。

人間と同じで、一人っ子は可愛いもので、大事にする時間が多いのですね。

posted by あべしょー at 10:58| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【アフリカカレンダー2012】9月ライオンの親子


あべしょーの写真解説
2012_09.jpg
<ライオンの親子>

静かな朝、ライオンの子供の近くに、天敵であるハイエナや車がたくさん居なければ、
子供達の遊びが始まります。
飛んだり跳ねたり、見ていても楽しいのどかな朝です。
しかし太陽も地平線から昇る頃、ひとたび親の一声が聞こえると、
子供達はすぐさま行儀よく草薮に入っていきます。

ラベル:ライオン
posted by あべしょー at 10:51| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

【アフリカカレンダー2012】8月チーターのこども


あべしょーの写真解説
2012_08.jpg
<チーターのこども>

チーターの母親が人に警戒心を持たず子供を育てるとき、
人からあまり近くに寄らなければ、
親の雰囲気を子供が以心伝心(?)で感じて子供の方から車に近寄り、
太陽が真上に来るころには日陰を求め、
車の床下に潜り込むこともあります。
そこでは、安心の表情で居眠りする姿を人々に見せてくれます。

人と動物の関係はそうありたいものですね。

posted by あべしょー at 12:21| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

次週よりカレンダー解説を再開します!

アイ企画担当の千田です。
岩手も夏らしくなってきて、暑い日が続いております晴れ

さて、2012年8月分以降長らく更新をストップしてしまっておりました、
カレンダーの写真解説を次週より再開いたしますひらめき

いつもご覧いただいているみなさまには、大変お待たせしてしまいましたこと、お詫びいたします。
アフリカでの撮影秘話の数々を、どうぞお楽しみに手(チョキ)
posted by あべしょー at 13:48| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

カレンダー寄贈のご報告【10月24日】

この日が今回で2年目になる、被災地へのカレンダー寄贈の巡回のスタート日だった。

前日までの被災地の各校と訪問日程、
児童生徒・教職員の人数確認や訪問の順路調整を終え、
宮古地区に遠藤誠子のハンドルで息子の洋昭とともに3名で向かった。

どこの学校も巡回通学バスをやりくりして登下校しているため、
午後は早くに帰宅させることとなっている。
そのため、訪問は午前中に訪問を終えることが重要である。

朝礼前には訪問の待機をしておくこととなったが、
沿岸被災地の山越えには盛岡からは3時間近くの時間を要するため、
朝食は運転の合間ににぎり飯で済ませた。

宮古車内.JPG
posted by あべしょー at 14:25| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 12000名にカレンダーを贈るプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。